歯科で結果に大きな違いが発生

抜歯や削るという治療と比べて、歯の根を残す治療は繊細な技術が求められてきます。その為、歯科によって結果に大きな違いが発生してしまうので注意ポイントです。優秀な歯科を選択する事で、ほとんど痛みを感じないで歯の根を残す治療をしてもらえます。しかし技術力が低い歯科を選択してしまうと歯の痛みを感じやすく、根っこ部分に神経が残りやすくなります。状況によっては他の歯科を選択しないといけない場合がある為、歯の根を残す治療に対し、実績に着目する事が必要です。

局部麻酔をしてもらえば痛みを感じないで治療可能

全ての歯科で実施している訳ではありませんが歯の根を残す治療をする際、局部麻酔を行っている歯科もあります。痛みに弱いもしくは不安を感じる方は、事前に相談しておけば、局部麻酔をしてもらえます。しかし歯科の治療方針によっては、局部麻酔を嫌がる歯科もある為、事前にカウンセリングや相談するのがコツです。また局部麻酔が切れてしまうと痛みを感じてしまう恐れがある為、痛みが酷い時は歯科にすぐ連絡する事も重要です。

根気強く治療を受けなくてはいけない部分

他の治療ではそこまで時間がかからなくても歯の根を残す治療はどうしても時間がかかってしまいます。歯科によっては数ヶ月完治するまでに時間がかかる恐れもあるので、根気強く治療を受けるのがポイントです。それほどまでに歯の根に対し、細菌が侵入してしまって、深刻な状況を引き起こしているのが関係しています。しっかりと治す為には、歯科と話し合いをしていき、スケジュール通りに治療を受けないといけません。

根管治療は、根管と呼ばれる歯の根本の部分にある神経の治療をする行為を指します。根管は非常に複雑な構造を持ち、治療には高度な技術が要求されるので、最近では専門医により行われるようになっています。

Related posts