インプラントを入れて垂れないきれいな胸になる!

インプラントを入れる前の準備が肝心!

ヒアルロン酸などのフィラー注入や自分の脂肪を使う方法だと、いずれ豊胸の効果は薄れていきますよね。でも、インプラントなら再び取り除くまではずっと大きなバストのままでいられるんですよ。しかも、バストが加齢で垂れることも防げるので、バストのアンチエイジングにもなります!インプラントを入れる豊胸術はメリットも大きいですが、カプセル拘縮の発生という問題点があります。これは異物であるインプラントを入れたことで身体が防御反応を起こしてしまう現象です。インプラントの周囲に薄い膜が出来てしまい、そのせいでバストがかたくなったり、不自然な形になってしまうことに…。これではせっかくの手術が台無しですよね。今はインプラントが進化したので、拘縮という現象自体が滅多に起こらなくなりました。実際にはほとんど心配しなくても大丈夫でしょう。手術の時にもインプラントを入れる前にダミーバッグを使って挿入箇所をチェックしますが、その時に拘縮予防の為にドレーンを入れるので安心ですね。

ダウンタイムはどんな具合?

インプラントを挿入する手術は、約2時間くらいで終了します。脇の下をしわに沿って切るので傷跡もほとんど目立ちません。手術後の過ごし方ですが、シャワーだけなら3日後から浴びることができますよ。入浴は抜糸が終わる1週間後まで待ってくださいね。バスタイムのことを考えると、夏場よりも冬場に手術をした方がいいかもしれません。ワイヤー入りのブラジャーなどの補正下着を着用している人は、3か月間は控えて下さいね。

フォトフェイシャルは、IPLという光を顔に放射される美容治療です。シミやソバカス、くすみなどに効果が期待できます。

Related posts