腰痛はベッドマットを変えるだけでよくなる?寝具を変える腰痛の予防方法

腰痛の辛さと、腰痛になってしまう原因

腰痛は高齢者だけが抱える悩みではなく、中高年や若者まで、腰痛で困っているという方は大勢います。人それぞれ原因は異なりますが、交通事故で腰痛になってしまったり、スポーツをしているときに腰痛が発生してしまったりすることはよくある話です。
そして、腰痛になってしまうと、重たい荷物を気軽に持てなくなりますし、何もしていなくても腰が痛くなることがあります。慢性的な腰痛となってくれば、それはもう日常生活にも大きな影響が出てきてしまいます。
また、その原因の一つに、寝具が影響している場合もあります。人はベッドや布団の上で、何時間も過ごすことになりますが、その寝具が体に合っていないと、それが原因で腰が痛くなることも多いです。

ベッドマットを変えて腰痛予防をしてみよう

もし、使っている寝具が体に合っていないと感じるなら、まずは腰痛予防のために寝具から変えていくのがオススメです。寝具を変えるだけで、横になったときに、腰に掛かってくる圧力が違ってきます。最近は腰痛対策用のベッドマットも販売されているので、腰の痛みが気になるならそんな商品も買い求めてみましょう。
ちなみに、マットレスの種類としては、スプリングが入ったもの、ポケットコイルが入ったもの、樹脂素材が入ったものなど、素材によっていくつかタイプがあります。各マットレスの特徴をよく理解して、商品選びをしていくのがポイントです。
また、腰に負担がかからない商品だったとしても、ポケットコイルは通気性が良くないと言われていて、人によっては機能面で使いにくいと感じる場合もあります。腰への負担だけではなく、機能面も一緒に見ていきましょう。

高齢者は筋肉や骨の老化に伴う痛みが生じやすく、特に腰痛は慢性的な症状になりやすい傾向があります。腰痛 注射による痛みの緩和は即効性があるのがメリットですが、過度の投与は健康に障るので注意します。

Related posts