綺麗な肌は衛生管理から!正しい方法でニキビ対策を実施しよう!

ニキビを発症する原因と肌への悪影響

ニキビは毛穴に汚れが詰まることで発症する皮膚疾患の一種で、特に皮脂の分泌量が多い若年層が発症しやすい傾向があります。毛穴に入り込んだ汚れの中で細菌が繁殖し、毛穴が炎症や痒みなどの症状に見舞われてしまいます。ニキビは誰でも発症する可能性があるので程度の軽い肌トラブルと見做されやすく、素人判断で毟り取ってしまうケースがあります。しかし、ニキビは表皮の奥まで症状が進んでいることがあるので、安易に毟り取ると深い傷が残ってしまいます。また、傷口に汚れが付着することでニキビが再発しやすくなるのも大きな問題点です。ニキビを毟った際に出る体液は細菌で汚れているので、周囲の表皮に付着すると新しいニキビが出来てしまう可能性がある点も注意します。

ニキビの発症を防ぐための処置と生活習慣の見直し

ニキビは発症すると綺麗に取り除くためには病院での治療が必要になります。また、ニキビは再発しやすいので治療が長引いてしまう問題もあります。ニキビは生活習慣の問題点を取り除くことで発症のリスクを軽減させることが出来ることから、正しい知識を持ってニキビ対策に臨むことが大切です。

ニキビの発症を防ぐためにはこまめに肌を洗浄して清潔な状態を保つのが効果的です。常に綺麗に保つことで毛穴に汚れが入り込んで炎症に見舞われるのを防ぐことが出来ます。その反面、過度の洗浄は肌の潤いを保つための皮脂も取り除いてしまうので、肌の状態を確認しながらお手入れを行うように心がけます。また、過食や運動不足による老廃物の蓄積はニキビの発症リスクを増大させるので、食事のメニューや量を見直し、適度な運動で新陳代謝を活性化させるのが美肌維持の秘訣です。

ニキビ跡は大きく分けると、デコボコが残るクレータータイプの症状と赤みが残る炎症タイプの2種類があります。

Related posts